NEWS & BLOG

住まいのUDガイド2018~お風呂編~⑤|福岡の激安お風呂リフォームならトラストホーム

今回のトラストNEWSは、住まいのUDガイド2018~お風呂編~⑤のご紹介です。

 

 

 

~スムーズな動線~

1

 

◆浴室に出入りしやすい◆

 

直進がおすすめ

2

 

 

開口が広いと、介助者と一緒でも出入りがラクに

 

引き戸だと、手すりがドア近くまで長く伸びていて安心

 

直進がおすすめ

3

 

回り込む場合は開口を広く

4

 

 

 

 

!!ありがち!!

⇒開き戸・折れ戸だと手すりが短くなってしまう!

10

 

⇒狭いと曲がりきれない!

11

 

 

 

おすすめ商品

ドア位置は、洗い場直進を意識して

システムバスルームなら、ドア位置RL/LRが洗い場を直進できるレイアウトです。

14

 

ドアは引き戸がおすすめ

⇒システムバスルーム用 2枚引き戸

15

 

⇒BF浴室3枚引戸

16

 

ゆとりのあるサイズがおすすめ

システムバスルーム 1坪タイプ(1616,1418)できれば1620洗い場のスペースにゆとりがあります。

 

⇒1616・・・後ろから介助できます。

17

 

⇒1620・・・後ろに回りこんで介助できます。

18

 

 

~ゆとりあるスペース~

5

 

 

◆身体を洗いやすい◆

洗い場の幅が80cm以上あれば、水回り用の車椅子やシャワーチェアーが使えます。洗い場の奥行きが1.6m以上あれば、後ろから介助できます。

6

 

洗い場の幅が1m以上あれば、横から回り込んでの介助がラクになります。

7

 

 

◆浴槽に出入りしやすい◆

移乗台にいったん腰掛けると、転倒が防げて安心

8

 

移乗台を外せば回り込んで介助するスペースが

9

 

 

!!ありがち!!

⇒ドアが開閉できない!介助者と一緒に入れない!

・・・開き戸よりも折り戸、折り戸よりも引きとの方が、開閉の際ドアを避けるスペースが小さくて済みます。

12

 

⇒水じまいから移乗台を低くしてしまうと、段差が当たる!

・・・動作しやすいよう同じ高さか、おしり側を少し高めにしましょう。

13

 

  ヤジロベエの原理ー広さは機能ー    19

身体を倒すと、足が上がる

 

足の上がりにくさを補うために、大きく身体を倒しこんで、重力を味方につける技です。ただし、バランスを崩して転倒しないように、手すりなどの支えが大切です。

20

⇒奥行きが大きいと、足があがりやすい

 

 

!!奥行きが小さいと足を上げにくい・・・

21

 

 

 

 

 

 

当社では、激安でお風呂をご提供しています。

福岡にお住まいでお風呂の激安リフォームなら福岡市東区のトラストホームに、お任せ下さい!

ページの先頭へ

リフォームをお考えの方は、当社へお気軽にご相談下さい。

  • フリーダイヤル:0120-39-1137
  • メールでのお問合わせ