NEWS & BLOG

Water&Kitchenテクノロジーブック~工場編~|福岡の激安トイレリフォームならトラストホーム

今回のトラストNEWSは、Water&Kitchenテクノロジーブック~工場編~のご紹介です。

 

 

 

 

◆中心かつ最先端。シャワートイレのマザーファクトリー「知多工場」◆

 

1

 

 

 

 

◆MADE IN JAPANで届ける、一貫生産ラインが完成。

 

愛知県知多市。そこに、敷地面積361.635㎡、東京ドーム約7個分の広さを誇るLIXIL知多工場が

あります。便座などの樹脂成形品から動作制御を行う電子基板などをシャワートイレを構成する

すべての部品の生産、組み立て、出荷までを行うシャワートイレのマザーファクトリーです。

日本で初めてのシャワートイレを生産してから50年間培ってきたLIXILの生産技術は、この知多工場

に集約されました。世界中の人々に豊かなトイレ空間を提供する中心的役割を担うと同時に、最先端

の商品を送りだす使命を負っています。

 

 

◆正確かつ迅速に届けられる、生産システム。

 

各商品の生産工程は複雑で、検査項目だけでも100を超えます。しかも、受注順に生産するためライン

にはさまざまな品番の商品が混ざった状態で流れます。知多工場は、最終的な組み付けを行う人の

”目”と”手”に加えて、多様な品番と形をカメラとセンサーの”目”によって正確に確認し生産する

ロボット技術も導入。さらに、QRコードを活用した管理システム、正確に早く作業できるように

計算し尽くされたライン配置などによって、正確かつ迅速に、必要とされている商品をお客様のもと

へと送り出すことを可能にしています。

 

◆お客さまの満足を高めるために。

 

便座に汚れが入り込む継ぎ目をなくした「キレイ便座」は、厚着した際に出るバリをきれいに

カットする必要があります。そのため時間と手間がかかりますが、購入いただいたお客様のその後

のお掃除にかかる時間と手間を思えば、その価値は高いと考えられます。

他にはない「キレイ便座」をLIXILが提供している理由がそこにもあります。

2

 

 

 

 

 

 

当社では、激安でトイレをご提供しています。

福岡にお住まいでトイレの激安リフォームなら福岡市東区のトラストホームに、お任せ下さい!

システムバスルームの激安リフォームなら福岡市東区のトラストホーム

今回のトラストNEWSは戸建住宅向けシステムバスルーム フェリテプラスおすすめその4 のご紹介です。

洗練された美しさと入浴のくつろぎはそのままにお子様からシニア世代まで家族全員にとってもっと使いやすく、
ずっと快適、そして安心して使用できる10年後の暮らしにもふさわしいシステムバスルームです。

 

フェリテプラスでかなえる、快適バスタイム

ずっと安心・・・

家族の成長を考えた、10年経っても家族みんなが安心して使える工夫が満載です。

<浴室断熱仕様>

洗面室から浴室まであたたか。
ヒートショックの原因となる温度差を軽減。

ws001192

浴槽断熱に加え、天井から床にいたるまで、浴室全体を包み込み、一度暖めた熱が逃げにくい、
あたたかさをキープする仕様です。

 

 

<クリンミラー>

親水性の特殊フィルムが湯水となじみ、鏡の表面に薄い水のまくができます。
それにより、湯気によるくもりを抑制し、水あかも付きにくくなります。
また、皮脂汚れも付きにくく簡単に落とすことができます。

 

シャワー使用時の親水性の比較

ws001193

従来のミラーに比べ、湯水が水のまくとなって広がります。

 

 

水あか付着の比較

ws001194

従来のミラーに比べ、美しさが持続。雨粒状の汚れがつきにくくなります。
クリンミラーは、お掃除の最後に水滴を拭き取る必要がないので、お手入れが簡単です。

 

当社では、安価でシステムバスルームをご提供しています。

福岡にお住まいでシステムバスルームの安価リフォームなら福岡市東区のトラストホームにお任せ下さい!

Water&Kitchenテクノロジーブック~シャワートイレ編~|福岡の安いトイレリフォームならトラストホーム

今回のトラストNEWSは、Water&Kitchenテクノロジーブック~シャワートイレ編~のご紹介です。

 

 

◆日本にシャワーを広げた者たち◆

1

         井戸田 育哉                末木 道生                  

       LIXIL Water Technology       LIXIL Water Technology Japan

       トイレ・洗面事業部             営業統括部長

       トイレ開発部

 

 

 

◆トイレの習慣を変える、という難題。

「当時、シャワートイレの担当になったときは、大変な仕事を任されたと思いました」。

シャワートイレを普及させることは単に商品の買い替えを進めることではありません。紙で拭く

習慣から、洗うという習慣に変える難しい仕事です。今では、一般家庭にも当たり前のようにあり

普及率は80%を超えているシャワートイレも、発売当初は富裕層の一部のもがついている贅沢品。

「アフターケアなどでお客様のご自宅にうかがうときは地図を持っていなくても大丈夫でした。

その辺りで一番大きな家に向かっていけば、そこがシャワートイレを使っているお宅だったから」。

というエピソードもあるほどです。シャワートイレ担当の社員は数人しかいませんでしたが、その

胸の中には「シャワートイレを普及させるのは、国産初のシャワートイレを開発したINAXでありたい

」。「商品は本当にいいものだから、商品力で勝負をすれば必ずよさが伝わる」という勢い思いが

ありました。

 

 

◆洗浄力をどのように伝えるか。

担当者たちの地道な活動により普及率も上がってきた1980年代後半に、大規模なプロモーションを

展開しました。INAXのシャワートイレの魅力は、洗浄力。タレントを使うなど、いろいろなアイデア

がありましたが、悩んだ末、採用したのは着ぐるみのゴリラでした。「強い洗浄力をアピールする

だけでなく、さらに覚えていただくためには、インパクトだが大事です。着ぐるみのゴリラを着て

銀座や青山を歩くプロモーションを行ったところテレビで報じられて話題になり、認知が広がり

ました。」。そして「商品の梱包の中にゴリラのぬいぐるみを一体ずつ入れました。手作業で大変

でしたが、それも好評で”子供が喜んでいます”という御礼状をいただいたこともあります」。

痔の方、便秘の方、高血圧の方、産後の方にとって”拭くより洗う”がいいというメッセージも伝える

ことで、シャワートイレを使うお客様をさらに広げていきました。

2 

                  当時のカタログ(1988年)

 

 

 

◆お客様の声から、数々の機能が忌まれた。

さらに多くの方にシャワートイレのよさを体感していいただくために、オフィス、デパート、駅や

空港、女性に人気のあるお店などに導入を進めていきました。地域単位で水洗トイレに切り替わる

地方では、体育館のような場所でシャワートイレの説明会を開催しました。

「シャワートイレを付けたけれど、使い方がわからないので来てほしい、というお客様もいらっしゃい

ました。そんなときは使い方を説明するだけではなく、新しい機能のヒントになるお客様の声を聞き

だして帰りました。」。レディスノズル、座っていないときにスイッチを押してもシャワーが噴出

しないようにした着座センサー、便座がゆっくりさがるスローダウン機能など、お客さまの視点から

新しいさまざまな機能が生まれたました。シャワートイレの普及を担ってきた一人ひとりの一歩一歩

が、シャワートイレを日本に普及させ、後に日本のトイレの位置づけを大きく変えることになった

「サティス」へとつながり、50周年の歩みをつくっています。

 

 

 

 

 

 

 

当社では、安いトイレをご提供しています。

福岡にお住まいでトイレの安いリフォームなら福岡市東区のトラストホームに、お任せ下さい!

Talk Session~キッチン編Ⅱ~|福岡の安価キッチンリフォームならトラストホーム

今回のトラストNEWSは、Talk Session~キッチン編Ⅱ~のご紹介です。

 

 

 

 

1

羽柴 義典

LIXIL Kitchen Technology Japan

商品部 部長

 

 

 

◆「料理を楽しむ」、だけどインテリアも大事。

続いて、もうひとつのリシェル、SIのコーナーへ場所を移します。

羽柴:「こちらのリシェルSIは、「料理を楽しむ」というコンセプトで、自然な使い勝手や直観的

使いやすさを追求して、道具としての「使うよろこび」を突き詰めています。

例えばこちらのらくパッと収納の扉は斜めに開き、引き出す力が約30%軽減されるので、作業に掛かる

負担が減らせます。また斜めに開くことで扉を少ししか開けなくても引出しの中が見渡しやすく、取り出す

ときには扉が邪魔になりません」。

中井:「とても使いやすそうですよね。だけど、インテリアとしても素敵ですよね。料理好きのご家庭に

招かれますと、プロが使う厨房のような本格的なキッチンを見かけたりもしますが、私には重いかな

と思ってしまいます。その点、こちらのキッチンは使いやすくありますが、見た目もとてもいい感じ

です」。

2

 

 

 

◆焼き物の技術が活きたカウンター。

羽柴:「こちらのキッチンのポイントは、他のキッチンメーカーにない、セラミック製のカウンター

トップです。キズ汚れ、熱にも強く、キッチンのワークトップとしてとても優れています」。

中井:「風合いもありますね。これだけの大きなものを作るのは難しいのではないですか?」。

羽柴:「我々は元々焼き物の技術を持った会社でしたので、このカウンターを作ることができたの

だと思います。実現には2年が掛かりましたが、焼き物ならではの味わいのある表情が出せたと

思います。天然素材ですのでインテリアとの相性も良いです」。

中井:「そうですよね。馴染みますよね。でも馴染んでいるのだけれど、ちゃんと個性的で主張も

ある。料理がとてもしやすく機能的だけれども、インテリアとして成立するキッチン、とても素敵

です」。

3

 

 

 

 

 

 

 

当社では、安価でシステムキッチンをご提供しています。

福岡にお住まいでキッチンの安価リフォームなら福岡市東区のトラストホームに、お任せ下さい!

Talk Session~キッチン編Ⅰ~|福岡の激安キッチンリフォームならトラストホーム

今回のトラストNEWSは、Talk Session~キッチン編Ⅰ~のご紹介です。

 

 

 

 

 

 

”キッチンで暮らしましょう。”2つのリシェルが提案する、キッチンを中心とした新しい暮らし。

 

2016年、LIXILからは”2つのリシェル”が提案されます。「生活を楽しむ」というコンセプトで、家具の

ような佇まいのリシェルPLAT(プラット)と、「料理を楽しむ」というコンセプトで、キッチンの使う

よろこびを突き詰めたリシェルSI(エスアイ)。中井さんには、主婦としてのご自身の生活をイメージ

されながら、キッチンを中心とした新しい暮らしの提案を掘り下げていただきました。

3

◆インテリアの統一感がすごい。

最初に「生活を田茂しむ」がコンセプトのリシェルPLATをご覧になられて、中井さんからの第一声は、

「この統一感はすごいですね。」という感想でした。キッチンからダイニング、そしてリビングまでの

見た目が完全にコーディネートされ、キッチン自体がインテリアとして見事に溶け込んでいる。

中井:「キッチンまわりの収納と統一感があるのがすごいですね。しかもとても広く見えますよね?」。

羽柴:「実はこちらで14畳です。一般的なマンションの間取りである、6畳のリビングと8畳の

ダイニングキッチンをリフォームして繋げた姿をイメージしています。見えていいる収納すべてが

LIXILの商品なのですが、リビングとダイニングとキッチン全部、ここまで統一させたのは我々と

しても初めての提案になります」。

中井:「家具を足していくとインテリア全体が雰囲気が揃わないのが一番困りますものね。うちも

こういうのがいいな」。

 

◆機能だけだったら、やっぱり毎日がつまらない。

羽柴:「最近では、リビングとダイニングが繋がったLDK空間が一般的になりました。そうしますと

キッチンも、今までの使う側からの観点だけでなく、リビングでくつろぐ側からの見え方というのも

重要になってまいります。くつろぐ側からの視点で居心地の良いデザイン、といのをPLATでは目指して

おります」。

中井:「素敵ですね。ステージみたい。毎日の事だから、居心地が良いというのはすごい重要。

機能だけのキッチンですと家具が仕事のようで、やっぱり毎日がつまらなくなっちゃいますよね。

リビングでくつろぐ夫と会話しながら、食事の準備ができる。今の奥さんは恵まれていますよね。

それに温かみのあるインテリアも落ち着きます」。

 

4

キッチンから続く収納がリビング空間にまで伸び、完璧にコーディネートされたリビングキッチンが

完成する。

 

 

 

 

 

 

 

当社では、激安でシステムキッチンをご提供しています。

福岡にお住まいでキッチンの激安リフォームなら福岡市東区のトラストホームに、お任せ下さい!

Talk Session~お風呂編Ⅱ~|福岡の安いお風呂リフォームならトラストホーム

今回のトラストNEWSは、Talk Session~お風呂編Ⅱ~のご紹介です。

 

 

 

自宅でのくつろぎ。お風呂は、ますますその真ん中になっていくようです。

1

 

 

◆ゆったり座って過ごすお風呂。素敵ですね。

お風呂で本を読まれるほどの読書家という中井さんは早速、浴槽の上に置かれたテーブルに注目

されました。

中井:「これすごく良いですね。私も家ではお風呂のフタの片方を残して読書をしているのですけど」。

浜田:「これはマルチボードと言いまして、テーブルとしても使えますし、ここに座れるようにも

なっていて足湯もできます。スパージュにはさらに腰を掛けることができる場所が他にも用意されて

いますよ。」と、洗い場横のベンチカウンターへ中井さんを案内する浜田。

中井「このベンチも良いと思ったんですよ。ここで座って髪も洗えますね。だんだん歳もとってくる

し、いつまでも元気じゃないですから」。

浜田「このベンチカウンターに腰掛けながら、打たせ湯も楽しめます。お湯も、ただ上からだすのでは

なく、断続的に水を切ることでマッサージ効果を生み出しています」。

 

 

◆聞き取りや行動分析から生まれたくつろぎのアイデア。

中井:「浴槽からから肩湯が出るんでしょうね。こうした新しいアイデアはどこから生まれてきた

のでしょうか?」。

浜田:「お客様へ実際の聞き取り調査を行い、その分析を元にしてアイデアの検討に長い時間をかけて

生みだしました。お客様がお風呂で実はしたいと思っていることや、それぞれ工夫しながら行っている

こと、そうした潜在的なニーズを我々が商品という形にしてお手伝いしていくという気持ちです。

非常にたくさんのアイデアの中から、ひとつひとつ検証しながら絞りこんでいきました」。

 

 

◆お風呂は、究極のリラックススペース。

中井:「お風呂はリラックスの場として重要ですよね。イヤなことも水に流すといいますね。

だから文字通り、水に触れると人はリラックスできるのだと思うし、裸になるという究極のリラッ

クスも、お風呂ならではですものね」。

浜田:「その通りだと思います。高齢化が進み、自宅でリラックスして過ごす時間がかつてよりも

大切な時間になっていくという時代の変化を考えますと、お風呂に求められるくつろぎの場としての

役割は、ますます重要になってくると思います。

2

 

 

 

 

当社では、安いお風呂をご提供しています。

福岡にお住まいでお風呂の安いリフォームなら福岡市東区のトラストホームに、お任せ下さい!

Talk Session~お風呂編Ⅰ~|福岡の安価お風呂リフォームならトラストホーム

今回のトラストNEWSは、Talk Session~お風呂編Ⅰ~のご紹介です。

 

 

バスルームは、「体を洗う場所」から「くつろぐ場所」へ。

スパをコンセプトとし、お湯の愉しみを追求したシステムバスルーム・スパージュ。リフォーム需要に

乗って、2014年の発売当初から好評を博しております。その2016年度のモデルでは、バスルームでの

くつろぎ方や過ごし方への提案をさらに充実させました。そこに込められた創意に中井さんは、大きな

共感を抱かれたようです。

2

浜田 広一               肩湯のデモンストレーションに興味深々。↑              

LIXIL Water Technology

浴室開発部 部長

 

 

◆一から見つめ直したお風呂の価値。

中井:「ホテルみたいですね。黒を基調とした浴室というのが新鮮です」。

浜田:「日本のお風呂自体がユニット化され、かつては暗いイメージだったお風呂が、明るく快適に

なりました。その後ユニットバスは、排水でゴミがまとまるであるとか、ひんやりしない床といった

機能的な進化をさせてきたのですが、それを、お風呂の価値を改めて一から見つめなおすことで

生まれたのがこのスパージュです。お風呂でただ体を洗うだけでなく、お客様にもっとお湯と

触れ合ってくつろいで欲しい、という思いが出発点になりました」。

3

浴室と洗面でゆったりと統一感のある空間。住宅においては日陰の存在だった水まわりを、

浜田は”くつろぎの空間の中心”へと変えようとしている。

 

 

 

 

 

当社では、安価でお風呂をご提供しています。

福岡にお住まいでお風呂の安価リフォームなら福岡市東区のトラストホームに、お任せ下さい!

Talk Session~トイレ編Ⅱ~|福岡の激安トイレリフォームならトラストホーム

今回のトラストNEWSは、Talk Session~トイレ編Ⅱ~のご紹介です。

 

 

 

汚れないトイレが、美しいデザインをまとう。トイレって、クールジャパンですね。

3

中村 祥一                 中井 美穂さん

LIXIL Water Technology        東京都出身のフリーアナウンサー、タレントとして 

陶器開発部 部長              幅広く活躍。元フジテレビの花形アナウンサーと

                      して様々な番組のMC/キャスターを務める。

                      元プロ野球選手(捕手)、監督の古田敦也氏の

                      奥さま。

 

◆新しいサティスは、デザインが素敵。

LIXILが提案するトイレ空間を再現した展示ブースに場所を移し、中井さんに2016年最新のタンク

レストイレ、GタイプとSタイプの2つのサティスを見ていただきました。

中村:「サティスのデビューは2001年、その時のキャッチコピーが「世界最小・満足最大」。

圧迫感のあるタンクをなくし、コンパクトかつ最新機能を詰め込んだトイレを目指しました。

2016年の新商品では5世代目へと進化しました。初代からサティスは”トイレを応接間に”という

コンセプトを掲げており、お客様をもてなし、ゆっくりと寛いでいただけるトイレ空間を目指し、

トイレ単品だけではなく手洗い器や収納も含めて、トイレ空間全体での提案を続けております」。

中井:「デザインが素敵ですね。私は、サティスSタイプのスッキリとしたデザインが好きかな。

それにトイレって意外とたくさんの物を置くので、収納まで考えられた空間提案をいうのはいいです

ね」。

 

 

 

◆トイレは一番日本らしい場所。

中井:「外国でトイレに行きますと、いまだに便器がヒンヤリ冷たいとか、ひどいのはもう壊れて

しまいそうなトイレというのをたくさん見かけますよね。日本ではそういったことはほとんどありません

ね。その上さらに、汚れを寄せ付けない新素材とか、目に見えない菌までにも配慮している。

トイレというのは、日本人の清潔への意識が最も表れた、一番日本らしい場所かもしれないですね。

中村:「LIXILは世界の水まわりメーカー・グローエやアメリカンスタンダードと一緒になりました。

我々が日本で磨いてきた技術を、中井さんのおっしゃる日本人の清潔への心と一緒に、もっと海外に

広めて行きたいと思います」。

4 5

2001年の発売以来、世界最小を保ち続けるサティスSタイプ。

継ぎ目がなく、掃除のしやすい便座を確かめる中井さん。

 

 

 

 

 

 

当社では、激安でトイレをご提供しています。

福岡にお住まいでトイレの激安リフォームなら福岡市東区のトラストホームに、お任せ下さい!

Talk Session~トイレ編Ⅰ~|福岡の安いトイレリフォームならトラストホーム

今回のトラストNEWSは、Talk Session~トイレ編~のご紹介です。

 

 

新品のときの輝きが100年以上つづく。

新品のときの輝きが100年以上つづく。トイレに新世紀を告げる新素材。

トイレのエリアを案内するのは、LIXIL衛生陶器の開発のトップを務める中村祥一。商品を紹介する前に

まず中井さんをお連れしたのは、衛生陶器のために開発された新素材「アクアセラミック」の実演コー

ナ―。2016年LIXILのエポックメーキングともいえるその実力を、実際にご覧いただきました。

 

 

 

◆水にかかった瞬間に汚れが浮いてしまうんですね。

中村:「トイレの汚れには原因の違いによって4つの種類があるというのはご存じでしょうか。

まず、キズが原因となる汚れ、2つ目が微生物や菌の繁殖による黄ばんだ汚れ、3つ目が便が付着して

しまった汚れ、そして4つ目がトイレの掃除をさぼってしまった時にでる、水アカを原因とするリング

状の汚れ。これらのすべての汚れを防ぐことが出来るのが、このトイレのための新素材・アクア

セラミックなのです。」

中村は、これまでの陶器とアクアセラミックの両方のサンプル油性マジックで線を引き、水に浸し

始める。すると、アクアセラミックに書かれた赤い線がフワッと浮かび上がり、みるみるとはがれ

落ちていく。

中村:「水がかかると陶器の表面と汚れの間に水が入り込み、汚れを浮かび上がらせるんですよ。」

中井:「すごい、本当ですね!水がかかった瞬間に汚れが浮いてしまうんですね!私は、LIXILと

いえば抗菌というイメージはありましたが、こびりついた汚れにも大丈夫なんですね。」

1

油性マジックで書かれた線が浮かび上がるアクアセラミック。中井さんも驚かれた様子。

 

 

◆清潔へのこだわりがこんなにあるんですね。

中村:「LIXILはINAXの時代からトイレの汚れに対する取り組みを続け、1996年に抗菌技術を、

1999年にはプロガードという、水アカ汚れを防ぐ技術を商品化しておりましたが、このアクア

セラミックはそれらの陶器の素材技術の集大成と言えるものです。

アクアセラミックの水アカを寄せ付けない効果、汚れを浮かび上がらせる効果は、100年経っても

劣化しません。これが2016年のトイレの目玉になるのです。」

中村は続けざまに、鉢をすみずみまで洗い流すパワーストリーム洗浄や、便器の鉢内に気流のフタを

作りニオイを防ぐエアシールド脱臭、さらに、キメの細かい泡で男性の小便時のハネを防ぐ泡クッシ

ョンなど、LIXILのトイレ一押しの清潔技術を解説する。

中井:「汚れを浮かびあがらせる素材だけでもすごいですけど、他にもトイレの清潔を保つための

技術がこんなにあるんですね。トイレがずっとキレイなままでいてくれる、というのは精神的に

も良いですし、掃除の時間を短縮してくれるので、その分余った時間を自分の好きなことに使えます

ものね」。

1

INAXの頃から続く防汚・抗菌へのこだわりを語る中村。アクアセラミックはそうした歴史の積み

重ねによって生まれた衛生陶器技術の結晶である。

 

 

 

 

 

 

 

 

当社では、安いトイレをご提供しています。

福岡にお住まいでトイレの安いリフォームなら福岡市東区のトラストホームに、お任せ下さい!

テクノロジーブック~筑波工場編~|福岡の安価お風呂リフォームならトラストホーム

今回のトラストNEWSは、テクノロジーブック~筑波工場編~のご紹介です。

 

 

 

 

Facts of Our Factory

 

一邸一邸が、カスタムメイド。

1億分の1通りを正確にアセンブリーする、筑波工場

1

 

 

緻密さが求められる、ユニットバスという製品。

 

”西の富―、東の筑波と称される筑波山のふもとに、敷地面積11万2286平米、東京ドーム2個半

ほどの敷地面積を擁するLIXIL筑波工場。設立は1972年、LIXILが日本国内に向け出荷するユニット

バス全体の46%を生産する工場として、戸建、マンション、ホテル用などをメインにあるゆる

市場に向けたユニットバスを生産・出荷しています。ユニットバスと一言で言っても、浴槽や

壁材・床材というメインの部材をはじめ、全体で150アイテムのパーツ構成されるアセンブリー

製品。ここでは、工場で生産される以外の特別な浴槽や扉、細かな部材等は、他工場や

サプライヤーから搬入され、-現場によって、部材ひとつひとつが選ばれ、さらにその現場に

合わせた加工が必要な製品。たとえネジ一本不足しただけでも、現場の工事は遅滞してしまいます。

先進の製造加工技術はもちろんのこと、出来上がったそれぞれの部材をいかに効率的に、迅速に

的確にラインに乗せ、完成品として送り出すことができるのか。

そのノウハウがまさに筑波工場のキ―となっています。

3

 

まさに「オーダー感覚」を実現する一貫ライン。

 

アセンブリー製品であるユニットバスは、手すりや細かな部材を含めその部材の組み合わせは、

計算上は一億通りにもなります。その製品をセットするため活躍するのはQRコードを活用した

一貫ライン。一棟ごとに異なる図面や、仕様情報を管理QRコードにより、正確なセッティング

が可能となります。例えば、人がセレクトしなければならないような微細な部品も正確にそろわない

限り、次の工程には進ませることはありません。

それもQRコードによる管理の一例です。大きく壁、天井という括り、床・浴槽という括り、

それからその他の部材と現場の施工手帳に合わせて大型の透明ラップにくるまれ梱包されたその

荷姿は、まずはトラックのコンテナナイズから決定。一日で約350台ものユニットバスを車両に

的確に積むための最良の形です。

3 4

 

 

 

 

 

 

当社では、安価でお風呂をご提供しています。

福岡にお住まいでお風呂の安価リフォームなら福岡市東区のトラストホームに、お任せ下さい!

ページの先頭へ

リフォームをお考えの方は、当社へお気軽にご相談下さい。

  • フリーダイヤル:0120-39-1137
  • メールでのお問合わせ