NEWS & BLOG

カウンターキッチンのリフォームなら施工実績豊富なトラストホームへ

こんにちは!福岡のリフォーム専門店トラストホームです。
今回のトラストNEWSは、カウンターキッチンリフォームをご検討中の方に、カウンターキッチンのメリットやデメリット、当社が行った施工実績をご紹介いたします。

カウンターキッチン

カウンターキッチンが人気がある理由

カウンターキッチンとは、ダイニングルームをキッチンの間に横長のカウンターが付いているキッチンです。カウンターの使用方法は様々で、インテリア小物を置いたり、お子様が朝食をとったり、料理をスムーズに運べるなど様々な活用ができます。カウンターキッチンには、ダイニングとリビングの間を一部仕切られている【セミオープンタイプ】と仕切りやカウンターがまったくない【フルオープンタイプ】があります。

 

カウンターキッチンが人気がある理由をメリットから見ていきましょう。

カウンターキッチンのメリット

カウンターキッチン

  1. 配膳・後片付けの効率が上がる
    キッチン側からは出来立ての料理をすぐに配膳することができ、食事の準備や後片付けなどリビングにいる家族も参加しやすい設計となっています。キッチン内に人が増えると作業がしづらく狭く感じますが、カウンターを使うことで、リビング側から配膳や後片付けを手伝うことができます。
  2. リビングの様子が見渡せる
    キッチンに立つと、正面にリビングが見渡せるので、小さなお子様や介護中のご家族がいる場合、部屋の様子を確認しながら調理ができるので安心です。またカウンターに高い椅子を置くと、お子様のおやつや宿題ができるスペースとなり、調理をしながらお子様と関わる時間を持つことができます。
  3. リビング全体の雰囲気が変わる
    キッチンをリビングと一体化した設計にすることで、リビング全体の雰囲気が変わります。家具や部屋の雰囲気に合わせてキッチンのデザインを選ぶことで、自分好みの空間を創ることができます。

カウンターキッチンのデメリット

キッチン

  1. 余裕のあるスペースが必要
    カウンターキッチンを設置する際に、ダイニングとリビング全体にどのように配置するかがポイントです。カウンターキッチンを設置するには動きやすい通路を確保できるように余裕を持ったスペースが必要になります。リビングを広くとりすぎると調理スペースが狭くなったり、逆に調理スペースを広くし過ぎるとリビングが狭くなります。どちらもある程度余裕を持たせるには、それなりの広さが必要になります。
  2. 煙やニオイが広がりやすい
    リビングやダイニングに繋がるため、調理中のニオイが広がります。最近のレンジフードは調理中の発生する煙やニオイをしっかりとってくれる機能が充実しているので、レンジフードの機能性を重視することで解消できます。またリビングへの油ハネなども、オイルガードを設置することで対策できます。

カウンターキッチンのタイプ

カウンターキッチンに主に4つのタイプがあります。

 

天板の延長がカウンターのタイプ

腰壁の上にカウンターがあるタイプ

カウンターキッチン 2

腰壁の上とダイニング側に2か所あるタイプ

カウンターだけが対面式のタイプ

カウンターキッチン カウンターキッチン

 

カウンターの奥行き・高さ

使いやすいカウンターにするには、奥行きや高さを生活スタイルにあったサイズにすることがポイントです。

用途別 使いやすい奥行き

用途 奥行き
・食事の配膳 ・天板(ワークトップ)を延長する場合 20cm~
・中皿の利用頻度が高い場合 25cm~
・大皿の利用頻度が高い場合 30cm~
・パソコン作業や勉強 ・30cm~40cm程度
・食事 ・50cm以上

 

使いやすい高さ

用途 床からの高さ
・食事 ・天板(ワークトップ)を延長するカウンターの場合は天板と同じ高さ 80cm~90cm程度
・一般的には 70cm程度

 

カウンターキッチンリフォームの施工実績

リフォーム専門店の株式会社トラストホームは、カウンターキッチンの豊富な施工実績があります!(^^)!

当店で施工させていただいたお客様宅をご紹介いたします♪

空調の悪さにお悩みのN様邸

キッチンまわりに壁があり、リビングからの空調が届かず夏は暑く冬は寒い環境でした。
高い吊り戸棚は、背の低いN様にとって収納のしづらさがあり、日々の家事が苦痛だったそうです。
N様邸では、周りの壁を解体し開放感のあるカウンターキッチンへとリフォームしました。
N様からも毎日の調理が快適になったと嬉しいお声をいただきました!

 

施工実績 N様邸

L字型キッチンが使いにくいとお困りのS様

シンクとコンロの間が広い為、家事の効率が悪くスペースも無駄になっているため、スッキリした開放感のあるカウンターキッチンをご要望いただきました。無駄なスペースの壁を解体し、コンロ周りにフィルターを設置することで、開放感もあり、油ハネなども気にならない仕様になりました。シンクカラーを明るい色にすることで、空間がグンと明るくなりました!

 

施工実績 S様邸

中古マンションを新しいキッチンへリフォーム M様邸

中古マンションをご購入されたM様より、水まわりなどのリフォームをご依頼いただきました。キッチンは使用感もあり、設備も古いものでした。無駄な収納を減らし、スッキリとした空間へリフォームすることで、雰囲気がガラリと変わりオシャレな空間に生まれ変わりました!

 

施工実績m様邸

フルオープンタイプで水ハネなどが気になるT様

シンクとカウンターが一体化しているフルオープンタイプは、水ハネなどが気になります。今回はカウンターとキッチンの間に壁を作りカウンターを一段上げることにより水ハネ防止効果もあり手元を隠せるスタイルに。床材や壁紙と雰囲気を合わせることで、新築のような仕上がりになりました!

 

施工実績T様邸

カウンターキッチンリフォームのポイント

カウンターキッチンのリフォームを検討する際は、家族の人数や構成によってダイニングテーブルの大きさや場所をどこに配置するかがポイントです。カウンターキッチンのデメリットは、キッチンまわりの設備の選び方や機能で解消することができます。カウンターキッチンが人気な理由は、どんなリビングにも合わせることができるということ。それが人気の理由でした!(^^)!

 

 

カウンターキッチンリフォームは専門店のトラストホームへ

カウンターキッチンリフォームの相談・現地調査・見積りはリフォーム専門店のトラストホームへお任せください。当社では、相談・現地調査・見積りは無料となっております!(^^)!お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせください

当社では、激安でカウンターキッチンをご提供しています。 福岡にお住まいでカウンターキッチンの激安リフォームなら福岡市東区のトラストホームに、お任せ下さい!

ページの先頭へ

リフォームをお考えの方は、当社へお気軽にご相談下さい。

  • フリーダイヤル:0120-39-1137
  • メールでのお問合わせ