NEWS & BLOG2019年6月

LIXILテクノロジーブックⅥ|福岡の安いお風呂リフォームならトラストホーム

今回のトラストNEWSは、LIXILテクノロジーブックⅥのご紹介です。

 

 

 

Evolution of INAX DESIGN ~新しいデザイン体験が始まります~

 

LIXIL統合以前のINAX時代から発売してきた商品のデザインを検証すると、共通するINAXブランドらしさ、日本らしさがありました。建築に納まりつつ人にやさしい曲線や面、清掃性の高い形などです。それを「Squoval」「Tension」「Volcano」の3つの造形要素として定義したのがSignature Elementsです。今までデザインしてきたことが意識化されたことで、シャワートイレ、シャワーヘッド、水栓、浴槽などにデザインのDNAとして統一的に展開することが可能になりました。それは、INAX商品のクオリティを約束することであり、また、商品を使うお客さまにはINAXというブランドをいつも感じてもらうことにつながります。

石けん入れ

 

Signature Elementsの「Squoval」「Tension」「Volcano」を凝縮し、3つの要素を異なる素材の中で表現しているサンプル。デザイナーたちが原点に立ち返ることができるバイブルのような存在。

 

 

Tension

表面張力による張りをイメージ。光をやさしく反射し、水が残りにくい形状。

 

Squoval

建築に美しく収まり、人にフィットする形。サティスなどで培ってきた考え方。

 

Volcano

一体感のある美しさと清掃性の配慮。例えば、水栓と台座のつながりのライン。

 

⇒「エコアクアシャワー」は、Signature Elementsを意識的にデザインに取り入れた最初の商品。お客様の目に入り、手に触れる場所を中心に展開し、INAXブランドの印象を際立たせている。

 

 

 

ユーザーインサイトに根ざしたINAXブランドのデザイン開発。

試作品エコアクアシャワー

【「エコアクアシャワー」のスタイリング検討途中の試作品の一部】

 

 

つくり手の都合やアイデアだけでデザインしない。

INAXブランドは商品を開発する際に、それを使うお客様の理解から始めます。調査した数字を見るだけではなく、デザインチームが主体となって試作品を前にしてお客様とのコミュニケーションを繰り返し、数字の裏にあるユーザーインサイト(お客様の深層心理)を掘り起こしていきます。例えば、「エコアクアシャワー」の開発では、シャワーについての調査だけではなく、普段はどのようにお風呂を使い、その前後でどのようなケアをしているのか、それらを背景から探りました。そこでわかったことを元に、デザイナーがディテールを考え、お客様に魅力を感じていただけるデザインを目指しました。

 

 

 

ユーザー調査で浮かんできた新しい調査。

「エコアクアシャワー」の開発にあたり複数のユーザー調査を実施しました。今回は同時期に開発していた浴室用浄水ユニットとの組み合わせを意識していたため、浄水シャワーの使用経験がある方へのインタビュー調査も実施しています。そしてそこから”はっ”と気づかされる重要なキーワードを得ることができました。”ありのままの自分を高めたい””人工のものをできるだけ排除して自然のものを取り入れたい””健やかな美しさに近づきたい”という心理です。それは、より価値のある水(浄水)を提供したいという、私たちの想いを商品として形にするうえで大きなヒントになり、「きれいな水でありありのままの自分を高めるにふさわしい洗練・先進のシャワーヘッド」という目指す方向性を定めることにつながりました。

 

お客様にとって魅力ある造形に仕上げる。

滑らかで一体的な形状、穴の配置と質感にこだわった散水板、散水板の中心には配した先進性を感じさせるアクセントリングなどは、まさにユーザーインサイトをヒントにして作りだした形状です。その他、シャワーの基本的な価値を高めるポイントを押さえています。例えば、グリップは、わずかに湾曲させて手にフィッとしやすくし、また曲面の中にエッジを備えることで指掛かりや向きの判別のしやすさにも配慮しています。グリップからヘッドにかけては段差をなくし滑らかにつなげることで、清掃性を高めています。また、ヘッドを大きく仕上げることで、浴び心地のよさを視覚的に伝えています。実は、これらのポイントは、これまでのインタビュー調査の中で明らかになったことで、今回の「エコアクアシャワー」にも反映しています。調査で得られた知見は引き継いで、よりよい商品へと進化させ続けます。

シャワーの説明

 

 

 

価値をデザインする。その考えが、世界から賞されている。
LIXIL(INAXブランド)の水まわりの商品は、世界で認められているデザイン賞を受賞し続けています。※しかし、私たちが知っていただきたいのは受賞数よりも、それらの商品の価値を構成な第三者評価で継続的に認めていただいている点です。デザイン賞の審査では、造形的な美しさのみではなく、品質や使い勝手、環境配慮、革新性、そして何より商品の背景にある社会課題やお客様のニーズの解決に貢献しているかが大きなポイントになります。
 私たちは、前のページでご紹介したとおり、ユーザーインサイトを大切にデザインに取り組んでいます。その理由は”答えは人の中にある”と考えているからです。商品の価値はお客様が本当に望んでいるもののなのか本質を捉えることから生まれ、その価値を認めるのはお客様や社会以外にはありません。私たちはこれからもよりよい商品をお届し、デザイン賞に挑み続けます。
オールインワン浄水栓
【オールインワン浄水栓 AJタイプ】
直径36mmのスマートなスパウトの中に、業界をリードする小型の浄水カートリッジを内蔵。
オールインワン浄水栓
⇒浄水カートリッジが入っているとは思えないほどのスリムなフォルム。「浄水/原水」「シャワー/整流」を切り替える「くるプッシュ切替」も操作性とコンパクト化を両立。
写真は、2018年度グッドデザイン賞を受賞した「オールインワン浄水栓 AJタイプ」。これまで浄水器一体型水栓は、スパウト(吐水口・吐水パイプ部分)の見た目に無骨さが残っていました。それは、浄水カートリッジを内蔵するためにスパウトを太くしなければならなかったからです。しかし、この商品は、浄水カートリッジのサイズは変えずに浄水能力を高め、スマートなフォルムを実現。デザインとテクノロジーの融合に高い評価を得ました。
※デザイン賞受賞数274点㈱LIXILに統合以前の各社での水まわり住設機器、及びタイル健在の受賞を含む、グッドデザイン賞、レッド・ドット・デザイン賞、IFデザイン賞の累計(2018年11月現在)

当社では、安いお風呂をご提供しています。

福岡にお住まいでお風呂の安いリフォームなら福岡市東区のトラストホームに、お任せ下さい!

ホーローのある暮らし②|福岡の安価キッチンリフォームならトラストホーム

今回のトラストNEWSは、ホーローのある暮らし②のご紹介です。

 

 

タカラスタンダードのキッチン、ココがすごい!

 

 

ホーローだからマグネットで自由自在!オシャレで機能的な見せる収納

 

キッチン1

《Room No862587:hamico.さん》

スッキリと無理のない使いやすさを目指すhamico.さん。手の届きやすい位置に設けられたマグネット式のスパイスラックは見た目もスッキリして機能的。中身の見える容器なら調味料もカラフルに、シンプルなキッチンのアクセントになってステキです。

 

 

 

キッチン2

《Room No1299085:nami-tsunさん》

手軽に雰囲気を変えることのできるウォールステッカーやDIYが大好きというnami-tsunさんのキッチンは、まるでオシャレな雑貨屋さんのよう。よく使うキッチングッズは、マグネットフックを活用した吊り下げ収納にすることで使いやすいオリジナル仕様に。

 

 

 

グリーン棚

《Room No2120738:mizucchiさん》

グリーン系が好きというmizucchiさんは、キッチンにもグリーンの雑貨を取り入れて楽しい空間に。マグネットが付けられるホーローのキッチンパネルは大活躍しています。置き場所に困る洗剤やスポンジの収納もシンク脇のパネルを利用すれば、使いやすく機能的です。

 

 

 

キッチン3

《Room No597583:colonさん》

カフェ風インテリアがステキなcolonさんのキッチン。カウンターの内側に作られたニッチには、包丁やキッチンペーパーホルダー、輪ゴムなど細々したものも機能的にすっきり収納。レシピや一週間の献立を見やすい位置にパッと貼れるのもホーローならでは。

 

 

キッチン4

《Room No1284944:sorasoraさん》

シンプルながら北欧テイストがオシャレなsorasoraさんのキッチン。場所を問わずマグネットが付けられるホーローは、デッドスペースも有効活用できて大活躍。マガジンラックやティッシュケースなどもキッチン脇に収納してスッキリした印象です。

 

 

 

壁の写真

《Room No1258863:akinoさん》

お絵描き好きのお子さんのために【タカラスタンダード】の「エマウォール」を取り付けたakinoさん。幼稚園からのお知らせや学習ポスターなどもマグネットで貼れるので大満足。料理をしながらお子さんとの時間も確保できる、充実のキッチンです。

 

 

豊富な収納力と機能で片付け上手

「タカラスタンダード」のキッチンは、強さ、快適さ、美しさを兼ね備えたホーロー素材が魅力。お掃除のしやすさはもちろんのこと、マグネット収納で自由にアレンジも楽しめます。ここでは、ホーローキッチン愛用者たちのアイデア満載のキッチン空間をご紹介します。お気に入りのキッチンづくりのヒントを見つけてください。

 

 

キッチン収納

《Room No1161077:momongaさん》

居心地のよい部屋づくりを目指すmomongaさんがキッチンに求めたのは、掃除のしやすさと収納力。背面に大きなスライド扉を備えた棚付きキッチンカウンターには、お気に入りのカップやグラス、旅先で購入した思い出の雑貨などを飾って、その日の気分で見せる収納を楽しんでいます。

 

野菜収納

《Room No833126:yukichi.wanwaさん》

季節ごとにキッチンカウンターをディスプレイして楽しんでいるyukichi.wanwaさん。ライン取っ手のフックにワイヤー製の壁掛けカゴを下げて、オシャレなベジタブルストッカーに。

 

 

収納棚

《Room No2182945:azashimaさん》

デザイン性の高い「レミュー」に大満足というazashimaさん。キラキラとした上質な輝きが天然石のようなクォーツストーンの天板は普段のお手入れもしやすく、拭いた痕も残らず美しさを保てます。カトラリーやカップ、グラスなど日常使いの食器類はダイニング側の扉に収納して片付け上手に!デザイン性に加えて収納力や機能性を兼ね備えた「レミュー」は快適で上質な暮らしにぴったりです。

 

昇降収納

《Room No1763319:sakamo0829さん》

ホームパーティーをよく楽しむというsakamo0829さんは、高い場所の棚がボタンひとつで降りてくる電動昇降吊戸棚をキッチンに採用しました。食器乾燥機能も付いているので、大量の洗い物も一気に片付けられて大助かりしているそうです。

 

ホーローならお手入れも超カンタン

 

 

白いレンジフードレンジフードの中身開けた状態のレンジフード

《Room No1319449:ANTEPRIMAさん》

白を基調としたエレガントなインテリアを楽しむANTEPRIMAさん。キッチンもパールのホーローパネルがキラキラと輝く明るい空間に。油汚れも水拭きで落とせるので、清潔なキッチンを維持しています。

キッチンで一番汚れるレンジフードのフィルターは、食洗機で洗えるお手入れ簡単なホーロー製レンジフードをチョイス。汚れやすいシロッコファンなどもワンタッチで取り外しができるので、気になったらいつでも水洗いができます。

 

 

 

 

 

 

当社では、安価でシステムキッチンをご提供しています。

福岡にお住まいでキッチンの安価リフォームなら福岡市東区のトラストホームに、お任せ下さい!

ホーローのある暮らし①|福岡の激安キッチンリフォームならトラストホーム

今回のトラストNEWSは、ホーローのある暮らし①のご紹介です。

 

 

 

念願のキッチンリフォームで築30年の住空間が生まれ変わる

 

 

 

ショールームで検討を重ねた結果、導き出されたキッチンは、機能、デザイン、使い勝手と全てにおいて満足できる理想の空間となりました。

 

親子でキッチン

→ホーローの品質の高さはすでに実感していたものの、スタイリッシュなキッチンを思い描いていた野田さんにとって、気になったのは扉デザインだったそう。ホームページやカタログではイメージしづらく、ショールームに何度も足を運び、検討を重ねた結果、野田さんが選んだのはターコイズブルーの壁ともベストマッチの木目調カラー。「大満足」と話す野田さんです。

 

DATA

野田さん:大阪府

【家族構成】 夫婦+子ども二人

【一戸建て】 築30年

【リフォームキッチン】 レミュー 間口270㎝

【竣工】 2018年3月

 

 

爽やかなターコイズブルーの壁面に映える、木目調のモダンな扉カラーが印象的な野田邸のキッチンは、丈夫さとお手入れのしやすさ、そして収納力で選んだ最高級キッチンの「レミュー」。
実は、野田さんは3年前に浴室も「タカラスタンダード」でリフォームしていて、ホーロー素材の品質の高さはすでに実感済み。
しかし、キッチンのデザインや色使いは、実際にショールームに足を運び、確認していったそう。「そこでレミューの収納力に感動しました。以前のキッチンは、ダイニングとの境に間仕切り壁を兼ねる収納があって物がたくさんしまえた。だから、それを補えるくらいの収納力はどうしても必要でした」その後も度々ショールームを訪れては、使用感や色、サイズを細かくチェックしていったという野田さん。

その都度、ショールームのスタッフは実演を交えながら、野田さんの質問に丁寧に応え、的確なアドバイスをくれたそうで、その存在はとても心強かったとか。以前のキッチンは暗く、料理や後片付けするのも億劫だったと話す野田さん。

リフォームから1年経った今、あるべき場所に物がきちんと収められて使い勝手は格段にアップし、家族4人でキッチンに立つ時間も増えたそうです。

 

キッチンシンク

① ②野田さんが日々その使い勝手の良さを実感するという「家事らくシンク」、「スライドまな板」で切ったあとに出る野菜くずなどは「ごみポケット」へ。「水切りプレート」は調理途中の食材の仮置きや、ひき肉をこねるなど力のかかる作業時の調理スペースとして重宝しているそうです。
書類収納 収納棚

フロアキャビネットのサイドもマグネットが取り付けられるので、ホワイトボードなどを用いて親子のコミュニケーションスペースとして活用中。

コンロ前の壁面には、子どもたちの学校の献立表やお便りをマグネットで貼っています。「火の出ないIHだからできること。調理しながら確認できるので、とっても便利です」。

⑤⑥浴室リフォームでホーロー素材の丈夫さやお手入れのしやすさはすでに実感済みだった野田さんをさらに感動させたのが、「レミュー」の収納力。ちょっとした小物を収納できる「ホーローインナーケース」や「フロントポケット」は使い勝手も良く、家事効率のアップにもつながっているそうです。

 

 

堅牢さ、清掃性の高さに加え使い勝手に優れた収納力に感激

間取り図

 

 

 

家族でキッチン収納BOX

 

念願だったウォール収納は、ご主人との共同作業によって生まれた力作。お気に入りの雑貨やカゴをセンスよくディスプレイしています。

ターコイズブルーの壁紙が映える対面キッチン。冷蔵庫はリビングダイニングから極力見えないように奥へ。コンロの近くに置いたことで、スムーズな家事動線も確保されました。

 

 

 

子どもたちの笑い声が響く明るく開放的なキッチン

真っ白な空間に溶け込むように設置された青木邸のキッチン。たっぷりの収納力とお手入れのしやすさで料理好きの奥さまも大満足です。

 

家族でキッチン2

→LDKは日当たりの良い2階へ。新しいキッチンになってオーブンやホームベーカリーなども購入し、料理のレシピも増加中。青木さんにとってキッチンは「私だけの”聖域”(笑)」だといいます。

 

DATA

青木さん:宮城県

【家族構成】 夫婦+子ども3人

【一戸建て】 築35年

【リフォームキッチン】 エーデル 間口255㎝

【竣工】 2016年3月

 

 

一番上のお子さんの小学校入学に合わせて、ご実家の別棟を増改築した青木さん。

当初は新築も考えたそうですが、リフォームの可能性を強く感じ、フルリノベーションに踏み切りました。日当たりの良い2階にLDKを配置し、キッチンは工務店からも「間違いない!」と太鼓判を押された「タカラスタンダード」に決定。

「まだ子どもも小さいので、とにかく手入れがしやすいことと、収納力がポイントでした。ショールームで油性ペンが簡単に落ちることや、木槌で叩いてもびくともしない頑丈さを知り、その品質の高さに感動しました」そのときの感動は、日々、使い続けていく中で、「本当に汚れにくいし、使いやすい」と青木さんは実感しているといいます。また収納キャビネットをキッチン背面にも設置したことで収納力も格段にアップ。青木さんは「RoomClip」を参考に箱やカゴを使い、取り出しやすい収納を心掛けているそうです。

そして、1年ほど前、カウンター上にディアウォールを取り付け、ディスプレイ熱が加速していると話す青木さん。お気に入りの雑貨を目の前に、キッチンにいる時間は確実に増え、楽しくなったといいます。以前の暗く寒い賃貸アパートのキッチンとは異なり、今は子どもたちの笑い声が絶えない、賑やかなキッチン空間になりました。

 

 

こだわったのは清掃性と収納力 理想を叶えたキッチンは奥さまの聖域

キッチン収納

 

「極力、モノは置きたくない」と話す青木さん。厳選したモノだけを壁面に飾る、マグネット収納を楽しんでいます。

1年ほど前に取り付けたというディアウォール。目の前に大好きな雑貨をディスプレイすることで、「キッチンにいることがますます楽しくなった」と青木さん。

当初は木製のキッチンも検討していたそうですが、傷がつきにくいことや清掃性を考えて「タカラスタンダード」のホーローキッチンを選択。吊戸棚はあえて取り付けず、明るさと開放感を優先しました。

 

 

収納棚2

 

冷蔵庫横の空いたスペースを有効活用すべく、コーヒーメーカーなど家電をまとめて収められる家電用ワゴンをDIYで作りました。関連アイテムをまとめることで効率も良くなり、時短にもつながっています。

以前は冷蔵庫に貼っていたカレンダーや学校関係の書類は、マグネットを用いて吊戸棚の扉裏に貼っています。見た目に影響することなく、すぐにチェックできるので便利だそう。

家電用ワゴンによって、ゆとりが生まれたカウンター上。「RoomClip」の収納術を参考に整理整頓を心掛けているといいます。

5人家族ともなれば、洗い物もかなりの数に。そこで、青木さんは大好きなアカシア食器を使って、極力、ワンプレートで盛り付ける”カフェスタイル”を実践しているそうです。

 

 

キッチンにいる子ども間取り図2

 

賃貸アパート暮らしのときは、どこか暗く閉鎖的だったというキッチン。

さらに収納部分は開き扉で使いにくかったそうですが、新居ではそれらを全て払拭したキッチンに。子どもたちも積極的にお手伝いしてくれるとか。

 

 

 

 

 

当社では、激安でシステムキッチンをご提供しています。

福岡にお住まいでキッチンの激安リフォームなら福岡市東区のトラストホームに、お任せ下さい!

LIXILテクノロジーブックⅤ|福岡の安価キッチンリフォームならトラストホーム

今回のトラストNEWSは、LIXILテクノロジーブックⅤのご紹介です。

 

 

Innovation of Experience KITCHEN

 

座って料理をする方に自信を持っておすすめしたい「ウエルライフ」

 

長年にわたるデータの蓄積と行動観察から生まれたサイズとレイアウト。

「多様性の尊重」が重要な社会テーマになっています。LIXILも「障がい者や高齢者の生活の質の向上に貢献する」ことを宣言し、商品づくりに取り入れています。LIXILが多様性の尊重に目を向けたのは最近のことではありません。30年前には車椅子の方や高齢者のキッチンの使い方に関する研究に着手していました。さらに、車椅子に座っている時の膝の高さ、つま先の出方や高さなどの緻密なデータを10年以上前から調べ、蓄積し続けています。そして今回「ウエルライフ」をモデルチェンジするにあたり、改めてデータ収集と行動観察を行いました。そこかた足元空間のサイズ、シンクの高さた深さ、収納の高さ、設備のレイアウトなどを決定。車椅子の方はもちろん、高齢で座って調理をする方にとっても使いやすいキッチンを目指しました。

棚に手を伸ばしている写真

【調理中の動作や動線と多角的に観察し、データを収集・分析しています。】

 

 

 

「ブラケット構造」で、足元の空間確保と強度、デザイン性の課題を一挙にクリア。

従来のキッチンは、床に置かれたキャビネットがシンクやワークトップを支える構造になっています。しかし、行動観察とヒアリングの結果、その構造は座って料理をする方にとっては足元空間が狭くなり活動を制限していることがわかりました。新しい「ウエルライフ」は足元空間を大きく開けています。それを実現しているのがブラケット構造」。壁に取り付けたブラケットでキッチンのパネルとワークトップを支持し、パネルは斜めに固定することによって、膝上、すね、つま先の空間を確保しました。ワークトップは80kgの耐火重性能は確保。キッチンの高さは、73cm~85cm内を1cm刻みの13パターンから選べます。さらに、足元がシンプルになったことで美しさが増し、料理をつくる楽しさも感じていただけるキッチンになりました。

棚に手を伸ばしている図

 

 

 

座って料理をする方の毎日のために、今できる配慮を随所に導入。
シンクの深さも検証を繰り返しました。シンクの底まで手が届き、大きな鍋も扱える最適な深さにしています。ワークトップ手前には「水返し」という、水滴や菜箸などが落ちないように土手の役割をする出っ張りがありますが、人造大理石トップを目立たなくするために「水返し」の形状が鋭角です。しかし、着座でのシンク作業では肘で上半身を支えるため、肘への負担が見受けられました。そのため、「水返し」の形状をミリ単位で検証を行い、肘痛くならず、水滴も膝に乗れない形状にしています。また、今回の行動観察で、障がいの影響で筋力が弱い方の中には、引き出し時の静音性を高める機構が、引き出す動作の負担になっていることもわかりました。
そこで、わずかな力でも出し入れできる「引出しレール」を採用しました。排水フタもシンクへ固定するためのひっかかりをなくすことで、筋力が弱くても外して清掃ができ、排水時の水によって浮くことがないものを採用しています。さらに、シンク下の配管カバーは脚が万が一ぶつかっても、内出血や物の破損がないよう、丸みを帯びた形状で衝撃に強いABS素材にするなど、細かなところまで配慮を尽くしました。

キッチンを一人で施工可能にする工夫。

キッチンを壁に取り付ける「ブラケット構造」は施工に手がかかるイメージかもしれません。しかし、実際は、取付設備説明書の手順に沿うことで一人で施工が可能です。

 

 

 

キッチンと車椅子

【座って料理をする方に快適に使っていただける工夫を随所に取り入れ、ユニバーサルデザインと洗練された意匠性を実現。】

 

 

 

Evolution of INAX DESIGN~デザインとテクノロジーが高め合う~

 

テクロノジーが進んでいれば新しい。

性能が安定していれば品質がよい、という考え方からさらに先へ進み、

INAXブランドには「美しさ」や「感情に訴える」こともクオリティーの一つとして、

テクノロジーにデザインを融合させています。

それは、テクノロジーとデザインがお互いに高め合う活動こそが

進化だと信じているからです。

新しいテクノロジーを搭載した商品を見た時に気持ちが豊かになる、

また、機能は同じでもその操作感覚が心地よい、

ストレスなく使ってもらえる、そんな体験価値を高めることで、

お客様の目と体と心を満足させていきます。

 

 

お客さま視点に立って進化を、デザインで加速させる。
私たちは、デザイン手動のイノベーションに挑んでいます。デザインを考えるとき大切なのは、お客さまを観察し、そのうちなる声に耳を傾け、要望や不満を分析することです。なぜそう感じているのか、いかに改善できるか、他の方法はないかと自問自答を繰り返し、デザインによって新しい価値を生み出していくのです。
 そのために、INAXブランドとしての揺るぎない価値観になるBrand Design Values(ブランドデザインバリューズ)と、ブランドを確信を持って表現するためにSignature Elements(シグネチャーエレメンツ)を構築しました。
 Brand Design Valuesとして、私たちはまずお客様が求める本質的なこと「Essence」をしっかりと理解します。それがお客様に対してどのような役割を果たすのか、という意味での機能の本質を見極める作業を行います。
 次に、建築と一体になっていかに美しいか、いかに機能するかを重要視します。例えばサティスは、お客様が求めている本質を見極め、便器を美しく、さらに建築に馴染ませることで、空間を広くしています。
建築に納まる洗練された中に先進の技術が満たされている、まさに「Sophistication」です。
 私たちには、ユニバーサルデザインを介護様デザインではなく、みんなが共有できるようデザインとshちえ提供してきた実績があります。日本ではシニア層も増えていく中でますます重要性が増していくのが、使いやすさ「Thoughtfulness」ではないでしょうか。
 Signature Elementsは、INAXブランドのサインになるような造形要素です。急に降って湧いたものではなく、
過去からどういうデザインをしてきたのかを分析して、背景にある思想ともいうデザイン要素を見える化したものです。人間でいえば親子、兄弟、親戚で目、鼻、口が似ていたりしますよね。そういうことだと思ってくだあさい。まさにDNAです。
 日本で長年磨き上げてきた本質に根ざした機能、建築に納まる美しさ、使いやすさなどのDNAは、グローバルで見たときの差別化のポイントにもなっています。INAXブランドの優れている部分、期待されていることを明確にすることで、お客様に真に応える進化をし続けていけると考えています。
Paul Flowers
株式会社LIXILグループ
Chief Design Officer
人の写真

システムバスルームの激安リフォームなら福岡市東区のトラストホーム


今回のトラストNEWSは戸建住宅向け システムバスルームフェリテプラス・フェリテのおすすめその10をご紹介します。

 

お風呂の困った!をフェリテプラス・フェリテが解決

 

「お風呂のガス代や水道代が気になる。」
 

 

節約アイテム

 

ws001537

 

 

 

毎日の事だから。お風呂の節約アイテム。

 

①ダウンライト(LED)

LEDで省エネ性が向上。

ws001538

 

 

②高断熱浴槽

浴槽のお湯がさめにくい。

ws001539

 

 

③スマートラインバス

くつろぎも節水も叶えた浴槽

ws001540

 

 

④エアインワンストップシャワー

手もと止め水で出しっ放しストップ。

ws001541

 

 

⑤洗濯用残り湯給水システム

浴槽の残り湯を洗濯機に利用。

ws001542

 

 

当社では、安価でシステムバスルームをご提供しています。

福岡にお住まいでシステムバスルームの安価リフォームなら福岡市東区のトラストホームにお任せ下さい!

ページの先頭へ

リフォームをお考えの方は、当社へお気軽にご相談下さい。

  • フリーダイヤル:0120-39-1137
  • メールでのお問合わせ